Alvar Aalto

1898-1976

最も影響力を持った20世紀の建築家の一人であり、建築評論家のジーグフリート・ギーディオンが「北欧の賢人」と例えたアルヴァ・アアルトは、フィンランドのクオルタネに生まれました。生涯、アアルトは200を超える建物を設計し、そのどれもが有機的なフォルム、素材、そして光の組み合わせが絶妙な名作として知られています。市庁舎、劇場、教会、図書館、大学といった公共建築とともに公共住宅プロジェクトや個人宅の建築も手掛け、パイミオ市の結核療養所(パイミオ・サナトリウム)やヴィープリ図書館、マイレア邸といった有名建築を残しました。

建築は家具と補完し合うものと考えていたアルヴァ・アアルトは、自身が設計した建築に合わせておのずと家具のデザインも手掛けることになり、設計した建築の内装の多くも彼が手掛けています。

最初の家具のデザインは1931〜32年、パイミオのサナトリウムのためでした。このプロジェクトは世界的な注目を集め、1935年に創業したアルテック社はこうした、アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトがデザインする家具、照明器具、さらにテキスタイルの世界的な販売を進めていくことになります。

そうしたプロダクトは、合理性を考えたパーツのスタンダード化、新しい製造技術の開発など、量産を念頭に置いた先進的な考えが取り込まれていました。一方で、造形美に対する重要なインスピレーションは同時代のアーティスト(ラースロー・モホリ=ナジ、フェルナン・レジェ、ハンス・アルプ、アレクサンダー・カルダーなど)との密接な対話を等して生まれました。

COLLECTION

facebook instagram