Arne Jacobsen

1902-1971

デンマークを代表する建築家 アルネ・ヤコブセンの名はモダニズムの代名詞とも言えるほど各方面で知られています。
その独特のビジョンは今日、数多くのデザイナーに影響を与えるほか、家具をはじめその作品の多くが名作としてデンマークをはじめ、世界各国で高い評価を受けています。建築家として数々の名作を残したヤコブセン。デンマーク国立銀行、コペンハーゲン北郊外に位置する集合住宅とベルビューシアター、そしてオーフス市市庁舎などは今日、モダニズム建築の金字塔として知られています。また、カトラリー、ドアノブに至るまで、建物に関わるあらゆるものをデザインし、自身のビジョンを総合的に表現したプロジェクトにも取り組んでいます。その好例が、SAS ロイヤルホテル(現ラディソンブルー・ロイヤルホテル)です。設計のみならずインテリア・デザイン、家具と総合的にデザインを担当しています。

コペンハーゲンのテクニカルカレッジを1924年に卒業すると、デンマーク王立芸術アカデミーに入学。理論だった建築へのアプローチで知られる、コーア・クリント、カイ・フィスカ―に師事し、大きな影響を受けいています。そして、建築科を1927年に卒業。この頃にはすでに業界では名を馳せる存在となっていました。当時のヤコブセンのビジョンとアイデアは、自身の幼少時に全盛だった、ロマン・新古典主義建築の終焉に大きな役割を果たしています。また、数々の照明、「シリンダーライン」をはじめとするカトラリーやテーブルウエア、Volaなどのバスルーム、キッチン用の什器も発表しています。

精力的に建築プロジェクトをこなしたヤコブセンですが、教育にも力を注ぎました。1956年から1965年の約10年間、デンマーク王立芸術アカデミーで教授を務めています。
facebook instagram