Hans J. Wegner

1914-2007

ハンスJ.ウェグナーは、デニッシュデザインの海外進出に大きな役割を果たしたほか、1950年、60年代には一般の人々がそれまで抱いていた家具へのイメージを一掃するような家具を次々と発表し人々に大きな影響を与えました。椅子のデザインを追求し、500以上のデザインをしていることから、椅子の巨匠として世界中で知られています。

ハンスJ.ウェグナーは家具職人H.F.スタルベアーグの元で家具を学び、17歳で家具職人の資格を取得。1936年から1938年まで工芸スクールに在籍し、その後デザイナーとしての活動を開始しました。

1940年、ウェグナーはアルネ・ヤコブセンとエリック・ムラーが担当する、オーフース市(デンマーク第二の都市)市庁舎の建築プロジェクトに参加し、そこに納める家具をデザインしました。またデニッシュデザイン界に大きな貢献を残した家具工房、ヨハネス・ハンセン社との共同作業もこの年に始まりました。

1944年には、中国の明朝時代の椅子に影響を受けたチャイナチェアシリーズの最初の作品となる椅子をデザインしました。このチャイナシリーズの最後の椅子となるのが1949年にデザインされたCH24、Yチェアです。Yチェアは、カール・ハンセン&サン社で1950年から生産され、今日ウェグナーの最も成功を納めた椅子となっています。

1950年からは、カール・ハンセン&サン社はウェグナーデザインの機械加工で量産できる椅子を、テーブル類をアンドレアス・ツック社(1972年廃業)、張りぐるみのイージーチェアをAPストーレン社(1974年廃業)、ソファやデイベッドをGETAMA社、収納製品を製作するRyモブラー社(1980年代廃業)の5社が共同でウェグナーの家具の販売するプロジェクトとして「サレスコ(Salesco)」が設立されます。サレスコの中心人物で発起人だったのが、後にポール・ケアホルムの家具を販売する名販売エージェントのアイバン・コル・クリステンセンでした。

現在では、カール・ハンセン&サン社、PPモブラー社が、ウェグナーの家具の多くを製作・販売しています。


facebook instagram