Peter Ivy

1969-

Peter Ivy
ピーター・アイビーは、自らの名を冠したガラス器ブランドの創設者であり、デザインから制作まで自ら手掛けるアーティスト兼職人、また、クリエイティブ・ディレクターでもある。芸術的かつ極めて機能的な器を制作する。テキサス州オースティンで育ち、若いうちから車のリストアや大工の経験を経た後に、美術に関心を持つようになる。その後Rhode Island School of Designにて美術学士号を取得し、母校及びMassachusetts College of Artで教員を務めた。

より広く豊かな経験を求め、好奇心と飽くなき探究心に導かれるようにして2002年に来日。以後5年間、愛知教育大学ガラス学科の教員として知識や経験を伝えることで後進の育成に努めた。この経験を機に彼はフォルムとシンプルさをより重要視するようになり、それが現在も作品づくりの基礎となっている。

ガラス制作への意欲が高まるにつれ、2007年に富山県の農村部に転居。古民家の納屋に手作りの工房を作った。ガラス器に対する彼のミニマリスト的なアプローチは当時売られていた西洋風の装飾的なガラス器とは対照的で、ガラス工芸の新潮流の先がけとして国内外で広く評価を得た。

また教師としての心を持ち続ける彼は次世代への知識継承にも熱心で、技術向上を目的とした2つ目の製品ラインを工房に設立。工房では何百年も続く師弟制度を意識した新しい事業モデルを構築し、現在は日本全国から集まる研修生にガラス制作を教えている。こうした理念のもと、工房は職人が技術力や創造性、実務能力を伸ばせる貴重な場となっている。

COLLECTION

facebook instagram