Helge Sibast

1908-1985

ヘルゲ・シバストは、1908年にデンマークのフュン島郊外で腕利きの木工職人の父の息子として生まれました。彼の父親、ぺダー・オールセン・シバストが開いた小さな工房で、来る日も来る日も木工の訓練を重ね、腕利きの木工職人として成長しました。父の跡を継いでからは、天性のデザインセンスと卓越した木工技術で、父が創業した会社「シバスト・ファニチャー」を世界的に有名な家具ブランドへ成長させます。

1950年代、そして60年代、成長した会社は一時、120名ほどの木工職人が働く程にまで大きくなり、デンマーク王室やアメリカホワイトハウスにも家具を納めるまでになりました。
シバスト・ファニチャーはヘルゲ・シバストがデザインした家具の製作に止まらず、多くの有名デザイナーとの共同で家具を開発しました。その中の一人が、デンマークのミッドセンチュリー期を代表する建築家/デザイナーであるアルネ・ヴォッダーでした。彼との共同作業はシバスト・ファニチャーの名声を確実なものとしました。

その後、1985年にヘルゲ・シバストが他界した後は、シバスト・ファニチャーの名は一旦途絶えてしまいます。

そして時が経ち、2012年の秋、ヘルゲ・シバストがデザインした数々の素晴らしい作品に魅せられた孫、ディトレヴ・シバストと妻のアナ・シバストはデンマークデザインクラシック「シバストNo.8」を復刻するため新生シバスト・ファニチャーを立ち上げました。

COLLECTION

facebook instagram